FC2ブログ

Smer of luvs world

悩めるSmEr. 明るくPOPに、真面目に、愚痴、思考。 どんな事があってもやっぱり外せないフェチズム。 それが私。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT




『心を捧げるっていう言葉は
簡単に、口にするな』


その言葉が、木霊して頭から離れない。
確かにその言葉自体は、言われたら喜ぶだろう、誰であっても。


とくに信頼している人であれば尚更。


私でさえも、そう言われたら嬉しい。
それぐらい思ってくれるのだと、心から嬉しい。


が、口にすべきじゃないのは確かなんだろう。
その言葉は意外に重みがあって、その人の覚悟がどれほど強いか


分かってしまうバロメーターだと思う。


特に従う、従える関係であれば…
尚更もっと深みが増すだろう。


それぐらい言葉は強い。


無意識にいうより、意思を持っていう方が
確実に言葉はより強く発揮する。


そう、暗示をかけているようなものだから
ますます強くしてしまう、その人に対しての気持ちが


それはそれで満たされているなら、それはそれでいい。
落ちつくなら、それでいいと思う。


簡単に言えるものじゃないって分かった上で言うのなら
生半可で居るわけではない。という意思を言葉に表したのだと思う。


本当は言葉できないものと、
頭では分かってはいるはいるのにも関わらず。


言わずにいられないのは、その人に信頼を寄せていて
なおかつ命を奪われても本望だと思うほどに


真剣に向き合っていきたいと思うからこそ
先ほどの『心を捧げる』という言葉は
重要なものとなるのだろう。


言葉にできないから、ニュアンスとして『心を捧げる』をとなるのだし
その人に対しての真剣さを感じてくれたら


嬉しいと同時に安堵し、そこに
居ていいのだと再確認出来た事でもっと委ねることも


出来るんだろうなぁと私は思う。
もし私がその言葉をいうときは、相当覚悟を決めたときだなと。



ちょっと思った私でした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| +思うこと+ | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://smer2blacknight.blog.fc2.com/tb.php/13-860fa371

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。