FC2ブログ

Smer of luvs world

悩めるSmEr. 明るくPOPに、真面目に、愚痴、思考。 どんな事があってもやっぱり外せないフェチズム。 それが私。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

主従の視点

主従の視点

主従について考えることは、少なくともふっとある。
どちらも経験は多少あるにしても、責任は伴うから
そこは大人として考えるのは当たり前。

が、そうじゃなく”SM"をジャンルとして考える人も
多いのは確かなんだろうと思う、プレイとしてね。

もちろん中には”エゴSM”としての考えも少なからずあるはあるんだろう。
でもどれも視点変えても責任伴うことはかわりない。

どれか一つかけたとしてもその人にとって”SM"であるなら
それはそれでいいとおもうし、否定する権利もなにもないし
趣向が多様あって面白いとは思う、ほんとうに。

ただ、最近多いのは「俺Sなんだよね」と公言するのはいいにしても
「M」だと知った瞬間「御前俺の言う事は絶対だろ?」な目線や
「M」だから、なにしてもいいとは限らないっていうことが
理解出来ていないなんちゃって「S」さんがいる。

それが一番困る、非常に困る。

傷つくのはおそらく「M」さんだとおもうから
そういう点ではきちんと理解してもらわないと困る。

勿論見極めなきゃいけないのは「M」さん。それは確かなんだけど、
でも選ぶのも「M」さん次第だから、そこは選ばせてあげるのが打倒だし
いきなりの上からの目線は露骨だからやめていただきたいとは思う。

これかなり痛いよ?と私は思う。
(実際にそうされたから、イラッとしたのは内緒)

「M」さんの気持ちを汲みとって、よくみないと
主従関係なんて上手くできないとおもうし、メンタル面でも
なんでもそうだけど、「S」だから「M」は黙ってきけと抑えつけるより
お互いの気持をきちんと話した上で関係を存続していったほうが
関係の方がうまくいくんじゃないかなあとは思う。


生ぬるいかなあ、でもそうじゃないとやっていけんのは
確かなんだよなあと思った、黒のつぶやきでした。



真面目に考えるな、愉しめってまたデコピン食らわされそうだな。
















スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| Smerの呟き | 16:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

無題

「Sは偉い」「Mは虐げられて喜ぶ」と思っている人は多いだろう、それはSMという世界を世間に広めたAVや小説等の影響ではある。(まったく的外れだとは言わないけれど、誰にでもそうなるという訳ではない)
実際のSとMの関係は「お互いの嗜好性癖をどれだけお互いが受け止められるか」という点のみだと思う。
そこに精神が入るか入らないで行為のみを重視するかどうかはその関係性にもよるが、「お互いがお互いを」という、いわゆる「対等な関係」を理解されていないのはとても悔しい限りである。
「対等ではあるが、主導権をS側が握っているだけ」だと私は常々思っている。
その主導権を握る事がとても大変(相手を知り導き安全性を見るという意味で)なのであって、むやみやたらと自分の欲望のみで動く輩には主従の意味さえわからないのだと思う。
というこんな話でさえチンプンカンプンなんだろうな(苦笑)

| 流龍 | 2012/07/15 23:48 | URL | ≫ EDIT

Re:無題

流龍さん>
書き込みありがとうございます。
なるほど、そうですよね。
主導権がS側にあるけれどもお互いの趣向がどれぐらい受け止めれるのか、受け止められないのかが問題であって、無闇矢鱈、誰にでもそうなるわけではないって言う事を今の若い人達では考えつかないかと思いますし、小説やビデオの印象によってそう感じてしまうのは致し方無いとは思います。かといって自分の欲望のままでやるなら自慰だけで十分、というのが私の見解ですね。お互いを受け入れられないのは”虚しい”しかないのですから。

と長文失礼いたしました。

| 黒 | 2012/07/16 16:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://smer2blacknight.blog.fc2.com/tb.php/16-fba82e18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。